ワクワクの海外旅行。期待と不安がたくさんあると思います。特に遠くへ旅行する際は、長時間のフライトに時差ボケなどの不安もありますね。

ここでは、長時間のフライトでも時差ぼけしないコツをご紹介致します。これで、安心して遠い場所への海外旅行も計画できそうです!



時差ボケの原因を理解しよう

長時間のフライトでも時差ボケしないコツとは?

長時間のフライトでの時差ボケはとても嫌ですよね。時差ボケによって、せっかくの旅行先でもだるかったり体調がすぐれなかったりと残念な旅行になってしまいます。

時差ボケの原因は、体内時計の狂いによるものです。人間は、知らないうちに日々体内リズムができていて、体温も上がり下がりがあるんです。普段体が活動的な時間に寝ようと思っても寝れなかったり、普段寝ている状態な時に活動しようと思っても体は動かないわけなんです。

時差ぼけは4時間以上の時差から起こりやすく、時差があればあるほど症状が重くなりやすいです。又、時差は大きいのに、飛行機に乗る時間が短いほどひどくなりやすいです。ですので、行先を考えて対策する必要があります。



体内時計の調節を出発前からしよう

いきなり、現地で体内時計を現地時間に合わせようとしても、なかなか難しいものです。ですので、時差ボケにならないコツとしては、出発の何日か前より体内時計の調節をする必要があります。

日本で数日前から早寝早起きをするのが良いです。早起きといっても、朝4時や5時起きというものです。

こうすることによって、日本で朝起きる時間と旅行先での朝起きる時間との差を縮めることができます!又、当日も早く起きる事で自然と睡魔が襲ってきます。飛行機の中で寝やすくなりますね。



とにかく、飛行機の中でいかに寝れるかを考える

長時間のフライトでも時差ボケしないコツとは?

時差ボケしない為に大切な事は、飛行機の中でいかに睡眠をとることができるかに限ります。寝れる人はどんな場所でも簡単に寝れますが、そうでない人も大勢います。

飛行機の中で睡眠を取るコツとしては、騒音対策をする事です。飛行機の中は、騒音が大きいですよね。又、周りの人の気配や物音なども気になると思います。ですので、耳栓やノイズを防ぐイヤホンを用意しておきましょう!又、寝る体内環境を作る為には光を浴びないという事もあります。

出発前までも、サングラスでなるべく日の光を浴びないようにしたり、機内でもアイマスクをするなど光を遮断するようにしましょう。

それと、ついやりがちなのがスマートフォンやパソコンなどの画面を見る事です。これですと、体が寝るモードに入りませんので気を付けましょう!



どうしても時差ボケになってしまったら

対策をしていても、体調などから時差ボケになってしまう時もあると思います。

そんな時、時差ボケから戻るコツとしては、なるべく夜まで寝ないで活動する事です!

眠気が覚めるドリンクや刺激が強いエナジードリンクを飲み、リセットしましょう。そうする事によって疲労もたまり、夜は早く眠くなり早めにそして深い睡眠を取ることができます。ですが、どうしても眠くてダメという時だけ、数時間でしたら昼寝しても良いかと思います。



時差ボケをしないで快適に過ごす為に

せっかくの旅行ですので、できれば時差ボケしないで快適に過ごしたいですよね!

前日や飛行機の中でもちょっとしたコツで時差ボケを防ぐこともできます。また、長時間のフライトに現地での観光にと旅行ってけっこうハードですよね。体調を万全に整えておきましょう!

旅行前に無理な行動や疲れることはせずに、規則正しくゆっくりと過ごす事がベターです。体調が不調ですと、時差ボケもなりやすいです。ですが、どんなに対策してもなってしまう場合もありますので、そこまでマイナスに考えすぎないで旅行を楽しむ事を考えましょう!

スポンサーリンク