海外旅行に行くとき、持っていく荷物、特に化粧品類が気になる人は多いのではないでしょうか?

まして、初めての海外旅行という人は、機内に持ち込める化粧品の種類や量、持ち込み方など心配がいっぱいかもしれません。

最近では、丁寧にアナウンスしてくれる旅行代理店もありますが、出発前にもう一度しっかりチェックして、空港であわてたりすることがないように準備しましょう。



国際線の機内に持ち込めないもの

国際線で化粧品は飛行機内持ち込みできる?

国際線の機内には、100ml(g)を超える容器に入ったあらゆる液体が持ち込み不可となっています。液体とはどんなものが含まれているのでしょうか?

ここでいう「液体」の基準はかなり厳しく、水分を含むものはだいたい液体物扱いになります。例えば、クリーム・ジェル・ローションそしてマスカラも液体物になります。


国際線の機内に持ち込めるもの

ではどんなものが持ち込めるのでしょうか?
100ml以下の容器に入った液体物で、容量1ℓ以下のジッパーのついた再封可能な透明プラスチック製袋に余裕を持って入れる・・・こうすれば、機内に持ち込むことができます。

また、メイク落としシートは液体とはみなされないので、重量などに関係なく持ち込むことができます。


機内持ち込みの注意点

上記のようにすれば、化粧品類なども機内に持ち込むことができますが、ここでいくつか注意点があります。

まず、容器が100ml以下であっても、透明のプラスチック製袋に入っていないものは持ち込むことはできません。

また、透明のプラスチック製袋であっても、マチ付きのものは容量オーバーになってしまうので、使えません。

そして、機内に持ち込めるのは一人一袋のみですので注意しましょう。


こんな方法も

最後に裏技的な方法をひとつ。日本の空港ではセキュリティーチェックの後に免税店があります。そこで購入したものは100mlを超えていても機内に持ち込むことができます。

忘れてしまったときなどにもこれを覚えておくと便利です。ただし、トランジットがある場合は、そこの空港で没収されてしまうので、そこをお忘れなく。

スポンサーリンク