私は何度か海外に行った事がありますが、母がいきなり台湾に行きたい!と言い出したので一緒に女2人で二泊三日の台湾旅行に行きました。

九份の夜の風景
千と千尋が舞台となった九份の夜の風景

初めての台湾でしたが、待ち並みも漢字が使われているので、電車や地図は大体わかりました。初めての電車も路線ごとに赤色、黄色、緑色、青色などで分けられており乗りたい線は色分けされていましたので電車に関しては問題なく乗れました。
本場の小籠包、ルーロウハン、台湾ビール全てが美味しかったですし日本人がとても好きな味だと思います。

夜市もとても有名で日本語が話せる人が多かったので言葉の壁もあまり感じませんでした。何よりお寺や像が所々にあり、多彩な色が使われていて彫刻も凄く綺麗でした。夜市は人が凄く多く臭いがかなりきつかったの印象がありますが、それも台湾の夜市でしか味わえないので町の匂いと思ってしまえば何も思いませんでした。
ツアーも入れていたので、千と千尋の神隠しの舞台ともなった九份にツアーのガイドさんに連れて行ってもらい九份を堪能しました。凄い坂とは聞いていましたが自分が想像している以上に凄い坂でしたので、行かれる方は絶対に履き慣れた靴で行く事をオススメします。
きっと1人転けたら将棋倒しになってしまうと思います。

九份で自由時間になり母ととあるお茶屋さんに入りました。
景色も凄く良く茶菓子も頼んで凄く気分が良かったのですが、お会計の際に、おつりが返ってくるようにお金を渡したのにもかかわらず、少しの小銭しか帰ってきませんでした。
そしてその時はえ!?これだけ?と思いましたが、私もすぐに計算出来ずそのまま小銭にだけを貰ってその場を去ったのですが、やっぱり良く考えてみると出したお金に対して返ってくるおつりがかなり少なかったのです。

そしてガイドさんとたまたま会ったので、その事を話すと、どうしてその場で言わなかったの?と言われ、ガイドさんが言いに行ってくれようとしましたが、自分もその場で言わなかったのも悪いし後から言っても納得してくれるかわからないし揉めたくなかったので、諦めました。その時のお金は日本円にして2000円ぐらい損していました。あんなに楽しかったのに凄く嫌な気分になりました。初めての海外旅行で初めての経験になり、いい勉強になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA