みなさんは「海外プリペイドカード」をご存知ですか?

海外旅行での決済方法には、現金、クレジットカードやトラベラーズチェックなどがありますが、近年「海外プリペイドカード」というものが利用されています。

海外プリペイドカードのメリットを紹介します。

海外旅行におすすめ!海外プリペイドカードって何?そのメリットと使い方


メリットその1 現金を持ち歩く必要がない

渡航前に現金をチャージしておき、残高の範囲内で現地で支払いを行ったり、ATMから現地通貨を引き出したりすることができるため、慣れない土地で大金を持ち歩く必要がありません。

また、WEB上で利用金額と残高を確認することができるため、予算の管理も簡単です。



メリットその2 外貨両替よりも手数料がお得

クレジットカード各社で取り扱いされており、インターネットから申し込み後1週間程度で発行されます。また、通貨によっては外貨両替よりも手数料がお得な場合が多く、安全・安心・便利に利用できるカードです。



メリットその3 海外旅行以外の使い道も

海外プリペイドカードの使いみちは旅行中の支払いだけではありません。

カードの持ち主以外の方がATMやインターネットバンキングからチャージ可能であることから、海外留学中のお子様への仕送りや、お子様だけで海外旅行する際にも利用することができます。

残高の範囲内で支払いを行なうため、クレジットカードと違い、使いすぎる心配もありません。



おすすめ海外専用プリペイドカード


マネパカード



マネパカードは、海外でおトクに使えるプリペイドカードです。日本国内でも使え、その場合のキャッシュバックは今なら2%というのもうれしい特典です。

日本円のチャージも可能ですので、ネットで両替した外貨や旅行で余った外貨を日本円でチャージしておけば、海外でも国内でも「MasterCard」のマークがあるお店でお食事やお買い物ができます。

しかも、外貨を日本円に戻す際、両替手数料相当額はなんと0円!

マネパカードの発行に手数料や年会費は必要ありません。また、使い方はクレジットカードと全く同じですが、クレジットカードのような入会時の与信審査はありません。日本に住所があり15歳以上であれば原則だれでも申込みできます。



キャッシュパスポート

海外にいても、いつでも現地通貨が引き出せて、両替の手間や時間も省けます。さらに海外のMasterCardや銀聯の加盟店では、デビットカードとしてそのまま利用も可能。

ATM・インターネットバンキング等でチャージできるので、日本にいるご家族からも、キャッシュパスポートの口座に振り込むだけで、簡単に海外送金ができます。

カード申し込みの際に審査も年齢制限も不要で、手続きがスピーディで手間いらずなのも便利ですよね。

カードの紛失・盗難にあった場合には、スペアカードを無料発行してもらえますので、引き続きカードを利用できます。



アフターケアも安心!

紛失や盗難などに遭ってしまった場合には、発行会社の日本語による電話でのサポートを受けられます。

帰国後は、チャージされている残額を指定口座に振り込みで清算することができますので、外貨を持ち帰って日本円に両替する手間や手数料などの心配もいりません。

次の海外旅行では、安心・安全・便利な海外プリペイドカードを利用されてみてはいかがでしょうか?



スポンサーリンク