仲の良い友人と泊まりがてら遊びに行くときは、ウキウキとした気持ちになりますが、旅行の最中は、ちょっとしたことでトラブルなども起こりやすいものです。

そのため、不穏な空気になり、楽しいはずの旅行が台無しになったり、旅行後はお互いに距離を置くようになる可能性もあります。

このようなトラブルを避けるためには、ちょっとした気遣いや思いやりなども大切ですし、事前に友人同士でも取り決めをしておくのも良いかと思います。

例を挙げば、以下のようなことも喧嘩の種になりやすいため、気をつけておきましょう。



幹事一人の責任にしないこと!

グループ旅行でけんかしないコツ

仲の良い友人が多い場合には、一人か二人は、幹事として旅行をまとめる役割をする人が必要となります。

そうなると、大体の場合には、責任感があり、しっかりとしている人が立候補したり、推薦されたりすることもあります。

しかし、幹事が全て仕切ってくれるからと言って、何でも幹事に任せるのも良くありません。

旅館などの予約が取れていなかったり、行きたかった観光地に問題が起こり、訪れることが出来なかった場合などは、幹事を責める人もいますが、旅行のために帆走してくれた立場ですので、この場合は相手を責めるよりは、仕方ないと諦めることが大事です。

また、楽しい旅行にするためには、幹事役を買ってくれた友人に感謝の気持ちを持ち、それを言葉にして伝えるように意しなくてはいけません。



何でも我が儘を押し通さないこと!

この他にも、楽しい旅行にしたい場合には、自分の我が儘を通すのも良くないことです。

例えば、自分が行きたい場所があれば、絶対にそこに行きたいと希望する人もいるでしょうし、夕食はバイキングが良いと我が儘を言う人もいます。
確かに、せっかくの旅行ですので、いろんなことを楽しみたいと言う気持ちは分りますが、全員の希望を聞いていると、やはり意見はまとまりにくいものです。

そうなると、上記のように幹事役の人が辛いでしょうし、大変になります。

また、グループ内でも中心にいるような立場の人では、自分の意見を押し通して叶えてもらうことも少なくありません。

そのため、我慢しなくてはいけない人も多いですが、周りが自分の意見を聞いてくれたことや、賛同してくれたことをきちんと把握することも大切です。
それに、自分の希望だけでなく、他の人の希望なども聞いてあげる姿勢も、グループ旅行を楽しくするために必要となります。



旅行費用や掛かる経費などはスマートに払うこと!

それに、旅行に掛かる費用などは、幹事がまとめて回収するケースも多いかと思いますが、お金がピンチだったり、思った以上にお金が掛かってしまった場合などには、お金を払うのを渋る人もいます。

また、観光地などで、みんなで参加するようなイベントなども、有料であれば参加しないと言う人もいるかも知れません。

このようにみんなが楽しんでいる時に、一人だけ参加しなかったり、食べなかったりすると、周りも気を使ってしまい、楽しい気持ちが壊れてしまう可能性もあります。

高校最後の卒業旅行などは、良い記念になるはずが、このように嫌な記憶が残ってしまう恐れもありますので、旅行に行くことが決まれば、アルバイトなどで費用を貯めたり、旅行に備えて節約しておくようにしましょう。



楽しいグループ旅行はみんなで作る!

グループ旅行は楽しいものですが、中には自分だけ誘われなかった、声が掛からなかったと言う人も少なくありません。

仲間はずれにされたのでは?と思い込んでしまうケースもありますので、学生などの場合には、不用意にいろんな人にグループ旅行に行くことを話すのも考えものです。

また、楽しい思い出が出来るように、お互いに譲り合いの精神を持ち、常に優しい気持ちを持って行動するようにしましょう。


スポンサーリンク