ビーチリゾートに旅行に行った際にうっかり気が緩んで遊びすぎて日焼けしてしまい、次の日後悔してしまった経験があるのではないでしょうか。

冬場の日焼けを全くしていないときにグアムやハワイのビーチに行って、何のケアもせずに豪遊してしまい、全身真っ赤になってしまい次の日に泣く思いをした…、というような失敗は意外とあるものです。

旅行における日焼け対策の対処法についてご紹介します。




旅行先のビーチでうっかり日焼けしてしまった時の対処法

1.日焼け止めを塗る

やはり日にあたる箇所に出る際には、事前にしっかり日焼け止めを塗るに限ります。

海に入る際には、せっかく塗った日焼け止めが取れてしまうので、こまめに塗り重ねていくのがよいでしょう。

日焼け止めには、塗り薬タイプのものや、スプレータイプのものがあります。

それぞれ一長一短ありますが、クリームタイプのものが一般的だと思います。しっかりと塗ることができて落ちにくいので、汗をかきやすい場面などでは重宝されやすいでしょう。ただし、油分を多く含んでいるため、ニキビの原因となることもあるので注意が必要です。



2.水風呂で冷やす

もし、うっかり日焼けをしてしまったら、冷やすことが先決です。

水風呂に20分程度入って赤身をとります。あまり長時間入っていると、風邪をひいてしまうなどの二次災害を引き起こしてしまうこともあるので注意が必要です。

日焼け箇所が体の一部である場合には局所的に冷却してあげるのもよいでしょう。

その際には、水で濡らしたタオルや、氷をタオルで巻いて幹部に充てて冷やしてみてください。直に氷を当てることは、皮膚が氷と張り付いたり、低温火傷の原因となりうるので注意が必要です。

赤く火照った皮膚が落ち着いてきたのを確認して、就寝するのがよいでしょう。


3.消炎効果のある成分を含んだ化粧水や軟膏を塗る

日焼けによって、赤く火照った箇所、特に火傷のようにただれてしまった箇所にはアロエ成分を含んだ化粧水や軟膏を塗ることが効果的です。

アロエには消炎効果があるため、日焼けによる火傷を抑え、回復を早めてくれる作用が期待できます。


4.事前に素焼きをしておく

旅行前に少し体を日焼けさせて、慣らしておくことも効果的な対処法です。

事前に軽く素焼きしておくことで、急激な日焼けによる痛みや、火傷などの症状が起きにくくなるでしょう。

最近は、スーパー銭湯などにも日焼けマシーンを置いてあるところが多いので、日焼けサロンに抵抗がある方や、事前に体を焼くことが難しい方にとっては、こういった施設を利用することも有益であると考えます。



日焼け後のシミやしわ予防におすすめアイテム

イルコルポの「ミネラルボディシャインジェル」は、自宅でも簡単にエステサロン並みの美白ケアが行える、身体・顔兼用の美白ジェルです。

贅沢な美容成分に加え、気になる黒ずみや色素沈着を防ぐため、「抗炎症」「抗酸化」「メラニン生成抑制」「メラニン還元」「ターンオーバー」の5ステップでボディにツヤを与えます。

「プラチナナノコロイド」やノーベル賞受賞成分「フラーレン」などを配合しているので、効果も期待できますよね。

日焼けだけでなく、虫刺され跡、下着による摩擦、靴ずれなどが原因となる色素沈着にも使いたいアイテムです。合成着色剤・鉱物油・パラベン・アルコール無使用ですから、敏感肌の人にもぴったりですよ。



以上、旅行先で日焼けをしてしまったときの対処法でした。急激な日焼けはやけどと同じです。早めに対処することでお肌へのダメージを最小限にすることができますので、正しい方法でケアをしてあげましょう。




スポンサーリンク